皮膚科の治療・レーザー治療

★皮膚科の治療。

スポンサードリンク

肌にできたニキビを治すのに、市販の薬ではなかなか治らないという人も多いようですね。
そんなときは皮膚科に行くことをお勧めします。

市販の薬をたくさん試すことが、肌には逆効果になる場合があります。
逆にニキビ悪化してしまうこともあります。

皮膚科に行けば、塗り薬はもちろん飲み薬など、個々に合った薬を処方してくれます。
内服薬ではビタミン剤などが一般的に処方される事が多いようです。
市販の薬を使うより効果が現れます。

ニキビができた時の肌の手入れなど、より細かいことが知りたい場合は美容皮膚科をお勧めします。
薬の処方だけでなく化粧水なども自分に合ったものを処方してくれます。
またカウンセリングも行ってくれ、肌にあった化粧品など販売してくれるなど、メリットがたくさんあります。
ニキビケアについてもきちんと答えてくれるので、話を聞いて実践するのが良いでしょう。

今では皮膚科での治療は今あるニキビだけではなく、ニキビ跡が気になる人への治療も行っています。
クレーターとして残ったニキビ跡にはコラーゲンを注入したり、レーザー治療をしたりして、ニキビ跡を目立たなくしてくれます。

ただしニキビ跡は皮膚の組織が壊れてしまった状態なので、完璧に元通りになることはありませんが、何もしないよりは綺麗になること間違いありません。
皮膚科と言っても病院によって、どのような処方をするかは変わってくるので、自分がどこまでケアして欲しいかによって病院を決めましょう。

皮膚科に行けば色々な対処をしてくれますが、薬をもらっても基本となるニキビケアは欠かさないようにしましょう。


★レーザー治療

今、ニキビケアとして注目されているのがレーザー治療です。
レーザー治療としてよく言われるのがニキビ跡の治療ですが、できてしまったニキビへの治療もできるのです。

完治するのが難しいと言われているニキビもレーザー治療で治すことができます。
赤ニキビや膿の溜まったニキビには有効な治療方法だと言われています。

レーザー治療とは毛穴内部にレーザーを透過させ、毛穴をふさいでいる角質や膿・脂質を溶かし出してくれるのです。つまり毛穴から汚れをだし、毛穴つまりのない肌をつくる治療法になります。

最近ではレーザー治療の中にも色々な種類があり、肌への負担がないものもあります。
新しい技術ほど痛みはほとんどなく、ダメージが少ないのが魅力ですね。
期間も1ヶ月ほどで効果が表れます。
レーザーの種類によってはニキビを抑制するだけでなく、ニキビのできにくい肌を作ってくれます。

しかし、レーザー治療には色々種類がるため、種類によっては肌を痛めてしまう場合があります
また色素沈着や毛細血管の拡張といった副作用もあると言われています。
そしてレーザー治療の費用は1回で1万円前後もするため簡単に受けることのできる治療ではなさそうです。

またレーザー治療と混同されがちなのが光治療です。
光治療とは根本的にニキビの雑菌を殺菌してしまう治療法です。
レーザー治療と比べると肌へのダメージが少なく安全性が高いです。
ニキビケアとして今あるニキビを無くすか、今後ニキビのできにくい肌にするかでどちらの治療を選ぶか変わってきそうです。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

炭水化物と油っぽい食事に注意
★炭水化物の取り過ぎ注意 ニキビとは無関係に思える炭水化物も、ニキビを作る原因の......
食生活と洗顔
ニキビのできる原因の一つが食生活です。洗顔料や薬に頼るのではなく食生活を見直して......
皮脂対策とケミカルピーリング
★皮脂対策 人によっては乾燥肌の人もいれば、オイリー肌の人もいます。過剰な皮脂は......
ビタミンCと睡眠中のケア
★ビタミンCでケアする ニキビケアに効果的なのがビタミンCです。 ビタミンCは皮......
漢方薬とニキビの芯だし
★漢方薬で改善 ニキビケアの一つとして、漢方薬があげられます。 ニキビの原因はス......
外用薬・内服薬で治す
★外用薬で治す ニキビケアとして、利用している人が多いのは外用薬。ニキビができる......

▲このページのトップへ