背中にできるニキビ・あごにできるニキビ

★背中にできるニキビ。

スポンサードリンク

ニキビケアの中心はどうしても顔になってしまいがちですが、意外とニキビがたくさんできる背中。
毎日目にすることがない分ニキビケアも疎かになりがちです。

背中のニキビケアを怠ると、ニキビ痕が残ってしまい、水着などを着るととても目立ってしまいます。
背中は他の場所に比べ皮脂ができやすく、ニキビのできやすい場所です。きちんとケアしてあげましょう。

そもそも、背中にニキビができる原因はなんでしょうか。
まずは汗によるものです。特に夏場などは汗をかきやすく、毛穴に汚れが溜まりやすくなります。
さらに角質がたまり、ニキビになってしまいます。

ニキビ対策として汗をかいたらすぐにシャワーを浴びて、汗や汚れを落とすのが一番いいといわれています。しかし、学校や会社に行っている時に簡単にシャワーなど浴びることができませんよね。
シャワーは浴びる事はできなくてもこまめに汗をふき取るようにしましょう。

顔と同様で、あまり強くこすり過ぎないようにするのが大切です。

次にヘアケア剤や日焼け止めなどが原因でできるニキビです。
ヘアケア剤などが体に合わないとニキビができてしまうのです。
ボディーソープやシャンプーを変えたらニキビができたということはないでしょうか。
もしそうならば違うものを使った方がいいですね。

また、髪を洗った後のシャンプーやリンスが背中についたままだと、毛穴をふさいでしまいニキビの原因になります。髪をしっかりすすぐと同時に体についたシャンプーやリンスもきちんと洗い流しましょう。

★あごにできるニキビ

ニキビは体の色んな場所にできますが、あごにできたニキビで悩まされる人も多いでしょう。
あごには毛穴がたくさんあるため、他の場所よりニキビができやすいと言われています。

ニキビができる他の場所と同様にニキビケアもやればいいのです。
しかしながら、あごにできたニキビは治りにくいですね。

あごにできたニキビが治りにくい原因はホルモンバランスが影響していると言われています。
そのため一度治っても再びニキビが同じ場所にできるなど、繰り返しできやすいという特徴があります。
女性の場合はホルモンバランスの崩れやすい生理前にできることが多いようです。

男性の場合はヒゲを剃った後にきちんとスキンケアをしていないと、肌を痛めてしまい細菌やカビが侵入し、ニキビの炎症を悪化させてしまいます。

またあごは手が触れやすく、髪の毛の毛先があたりやすい場所のためニキビに細菌がつきやすく、ニキビを悪化させてしまいます。
癖で頬杖をつく人は要注意です。手の雑菌が肌についてしまうので、ニキビが気になる人は意識的に、頬杖をつかないようにしなければなりません。

あごは隠す事がなかなかできないので、ニキビの原因である紫外線も浴びてしまいます。
さらにはニキビが非常に目立つ場所であるため、ストレスが溜まりやすいと言われています。

あごにできたニキビは悪化させる条件が揃っているため、なかなか治りにくいですが、きちんとニキビケアをして肌を清潔に保てば、改善されます。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

ストレスからくるニキビ・生理前のニキビ
★ストレスからできるニキビ。 ニキビができる原因の一つとして、ストレスがあげられ......

▲このページのトップへ