ニキビの原因と種類

★ニキビの原因

スポンサードリンク

ニキビができる原因と言われているのがアクネ菌です。
ニキビケアにはこのアクネ菌を無くさなければならないと勘違いしている人も多いのではないでしょうか。

そもそもアクネ菌とは、病原菌ではなく誰の顔にでもいる常在菌なのです。
ニキビがない人でも、顔にはアクネ菌がいるのです。アクネ菌がいるからニキビができるわけではありません。

アクネ菌の役割として、皮膚を弱酸性に保ってくれ、他の病原菌の繁殖を抑えてくれます。
肌にとっては欠かせない存在なのです。
このアクネ菌は皮脂を栄養として繁殖するのが特徴で、皮脂腺の辺りにはアクネ菌がたくさんいます。

では、なぜアクネ菌がニキビの原因と言われるのでしょうか。
それは毛穴が詰まった状態や皮脂が多くなった場所にアクネ菌がたくさん集まってきてしまう所にあります。
そして皮脂により大量に繁殖してしまうことがニキビの原因になるのです。

アクネ菌が棲みついてできたのが赤ニキビです。
この状態を放置すると毛穴の中で皮脂とアクネ菌が増え、毛穴を壊してしまうとニキビ跡が残ってしまいます。そうなる前にきちんとケアしましょう。

増えすぎてしまったアクネ菌には洗顔するのが一番の対処法になります。
1日に2~3回は洗顔しましょう。また塗り薬などでアクネ菌を減らすこともできます。

アクネ菌を全部無くす必要はありませんが、多くなりすぎたアクネ菌はニキビの悪化を招く原因になるので、適切なニキビケアを心がけましょう。

★ニキビの種類

ニキビには色んな状態があります。それぞれの状態に合わせてニキビケアする必要があります。
ニキビの種類としては白ニキビ・赤ニキビ・黒ニキビ・黄ニキビがあります。
それぞれのニキビで悪化の段階が異なります。

まずは初期の段階と言われるのが白ニキビです。毛穴に角質や皮脂が溜まった状態をさします。
見た目ではニキビとわからないことが多いですが、この段階でのニキビケアは大切になってきます。
綺麗に洗顔をし、肌を清潔に保つことで悪化を防ぐことができます。

白ニキビに細菌が繁殖し、炎症を起こしてできたのが赤ニキビです。
皮脂の過剰分泌に原因があり、毛穴が詰まって炎症を起こしている状態です。
ここでさらに悪化してしまうとニキビ跡ができてしまうので注意しなければなりません。

赤ニキビの状態からさらに悪化し、毛穴に膿が溜まった状態を黄ニキビと言います。
黄ニキビはニキビの最終段階といわれています。毛穴に膿が溜まって腫れ上がった状態になります。
ここまでくると例えニキビが治ってもクレーターのようなニキビ跡が残ったり、シミのような跡が残ったりします。
また、黄ニキビを潰してしまう人も多いようですが跡が残ってしまうので絶対にやめましょう。

他にも黒ニキビというもがあります。
これは白ニキビとは逆で開ききった毛穴に角質などが詰まった状態を言います。
白ニキビと同様初期の状態と言えます。毛穴の黒ずみもニキビの原因になるので
綺麗にしなければなりません。

黄ニキビになる前にニキビを治せるよう日々の洗顔を大切にしましょう。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

予防と、できてしまった時の化粧
ニキビができてしまってから、炎症を悪化させないために色々ニキビケアをしてもなかな......
ニキビは潰さない・ニキビ跡になってしまったら
化膿してしまったニキビの膿を出したくて、ついついニキビを潰してしまうという人は多......
寝不足とニキビ・前髪で隠さない
★寝不足からくるニキビ。 寝不足は肌に悪いと言われていますが、ニキビの原因にもな......
爪とニキビ・顔ダニはニキビの原因か?
★爪とニキビの関係。 ニキビケアとしてやってはいけないのはニキビを潰すことですね......
汗と紫外線
★汗もニキビの原因 ニキビの原因は様々ですが、汗も原因の一つです。 汗をかくと皮......

▲このページのトップへ