爪とニキビ・顔ダニはニキビの原因か?

★爪とニキビの関係。

スポンサードリンク

ニキビケアとしてやってはいけないのはニキビを潰すことですね。
気になるからといって潰してしまうこともありますが、爪でニキビを潰すと肌をとても傷つけてしまいます。
ニキビ跡ができる原因になります。
さらには潰したニキビに雑菌が入ってしまい炎症を起こす可能性が強くなります。

しかしながら無意識のうちにニキビを潰してしまうことがあります。
爪や指は色々な所を触るため、雑菌がつきやすい部分になります。
ニキビに触れてしまうと雑菌がつき、炎症を起こしてしまいます。
例え無意識のうちに潰してしまっても、ニキビにかなりの雑菌がついてしまいます。

手は清潔に保たなければなりません。手を洗う際には、爪の間もきちんと洗って汚れを落としましょう。

おしゃれとして爪を伸ばすという人も多いようですが、爪を伸ばせば伸ばすほど、爪の間の汚れは取りづらくなります。
雑菌がいっぱいついた爪でニキビを潰してしまうとニキビが悪化してしまうことは間違いありません。
ニキビが気になるようであれば、爪は短くした方がよいですね。

また長い爪の欠点として、ニキビだけでなく肌も傷つけてしまう所にあります。
肌が傷ついても雑菌は繁殖してしまいます。ニキビのできやすい環境を作ってしまうのです。
髪をかき上げる際に肌を引っかいてしまうなど、何気ない行動の中で肌を傷つけてしまいます。
特に長い爪にはあまりメリットがありません。ニキビケアとして爪は短く、手は清潔に保つことが必要ですね。

★顔ダニはニキビの原因か?

どんな人の顔にもいると言われる顔ダニ。
ニキビの原因になるという説もありますが、基本的に顔ダニがニキビの直接の原因ではありません。
顔ダニは基本的に無害なので、ニキビケアをきちんと行っていれば、顔ダニがニキビの原因になることはありません。

逆に顔ダニは顔の皮脂を食べてくれるので、ニキビを防いでくれているのです。

では、なぜ顔ダニがニキビの原因と言われるようになったのでしょうか。
まずは顔ダニの死骸や排泄物が肌に溜まると毛穴がつまりニキビの原因になる点です。

生き物であるため、排泄物などは仕方がありません。
それを私たちが毎日の洗顔できちんと洗い流さなければなりません。
正しい洗顔ができないと排泄物が溜まってしまいます。
顔ダニ自体がとても小さい存在です。きめの細かい泡をしっかり立てて洗顔しましょう。

勘違いしやすいですが、洗顔をしたからといって顔ダニが消滅するわけではありません。
一回の洗顔で多くて30%ぐらいしか退治できません。

寝る前の洗顔がきちんとできていなかったり、洗顔料が肌に残っていたりすると顔ダニが繁殖します。
顔ダニの大量繁殖は、ニキビをつくる原因なので、気をつけましょう。
顔ダニの特徴の一つに夜行性の生き物であるということがあります。寝ている間に皮膚に残った餌を食べて繁殖するのです。

大量繁殖すると、その分排泄物なども増え、ニキビのできやすい状態が揃います。
ニキビケアとして、きちんと洗顔をして顔ダニの大量繁殖は防ぐようにしましょう。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

予防と、できてしまった時の化粧
ニキビができてしまってから、炎症を悪化させないために色々ニキビケアをしてもなかな......
ニキビは潰さない・ニキビ跡になってしまったら
化膿してしまったニキビの膿を出したくて、ついついニキビを潰してしまうという人は多......
寝不足とニキビ・前髪で隠さない
★寝不足からくるニキビ。 寝不足は肌に悪いと言われていますが、ニキビの原因にもな......
汗と紫外線
★汗もニキビの原因 ニキビの原因は様々ですが、汗も原因の一つです。 汗をかくと皮......
ニキビの原因と種類
★ニキビの原因 ニキビができる原因と言われているのがアクネ菌です。 ニキビケアに......

▲このページのトップへ